› びさん仏壇店店主のブログ  › 仏具の販売 › 仏壇の中にある三角や四角の布 あれ打敷(うちしき)って言うんですよ

2017年06月14日

仏壇の中にある三角や四角の布 あれ打敷(うちしき)って言うんですよ

梅雨の季節は半袖と長袖どちらがいいか悩みますね。

皆さん衣類の衣替えはもう済まされたでしょうか?

意外に知られていませんが、お仏壇の卓にかけている打ち敷にも夏冬ありまして、

季節に合わせて取り替えます。

打敷とは仏壇の卓(しょく)に掛ける仏壇を飾る荘厳仏具の一つです。



浄土真宗(大谷派(東)、本願寺派(西))は三角を使用し、卓より幅が少し大きいものを使用します。


その他宗派は四角をを使用します。四角は卓の幅と同じ大きさのものを使用します。


大きさは卓の大きさによって決まりますのでお買い求めの場合は卓の幅を計ってくださいね。


上の卓の打敷はセットになっています。

種類も豊富で、刺しゅうや織物があり図柄も色々ありますので皆さんの好みで決めましょう。

値段は小さいもので1500円~ 大きいものですと1万円以上します。

特注で本金糸を使い手で仕上げたものですと数十万円のものもあります。


当店では家紋刺繡入りの打ち敷の注文も承っております。

先日お客様が注文された家紋入りの打ち敷がとっても素敵に出来上がってきました。

丸に三本杉です。



夏の打敷



冬の打敷



値段は大きさや材質によって違いますが、写真のものですと1枚1万円強位で制作できます。

特殊な紋以外は対応可能です。

お気軽にお問い合わせください。


創業明治二十八年
愛知県岡崎市 仏壇仏具の専門店
びさん仏壇店 http://bisan-b.jp/
愛知県岡崎市本町通3-9
mail : info@bisan-b.jp
電 話 0564-21-3399 
f a x 0564-24-3399

【お問合せ・ご質問】
お問合せ、ご質問等がありましたら、
お問い合わせフォームから
お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。




同じカテゴリー(仏具の販売)の記事画像
神社仏閣に参拝すると御朱印帳を持っている方が多いですね。
なぜお香を焚くのでしょう?
12月になり毎日のように喪中はがきが届くようになりました。
人とは違う大玉の男性用念珠
お打敷きも衣替え
おはぎとぼたもち*どう違う?
同じカテゴリー(仏具の販売)の記事
 神社仏閣に参拝すると御朱印帳を持っている方が多いですね。 (2019-01-17 18:46)
 なぜお香を焚くのでしょう? (2019-01-08 16:51)
 12月になり毎日のように喪中はがきが届くようになりました。 (2018-12-05 17:32)
 人とは違う大玉の男性用念珠 (2018-11-15 18:09)
 お打敷きも衣替え (2018-10-01 18:05)
 おはぎとぼたもち*どう違う? (2018-09-19 08:24)

Posted by びさん仏壇店 at 19:02│Comments(0)仏具の販売
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。